紀伊半島の鉄道JR西日本|キヤ141系| HOME

■キヤ141系

キヤ141系は2006年に登場した新型の検測車です。
国鉄時代に製造されたマヤ34の代替として、紀伊半島エリアでも同年秋から本格的な検測活動を開始しています。
将来的には電気検測車クモヤ443の後継として、中間に検測車両を組み込み3両編成とすることも考慮されているようです。

Copyright (C)1998- 2007  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.