撮影日記|紀伊半島のバス|紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■紀伊半島のバス

2015.4.15
2015.4.13
2015.3.3
2015.2.19
2015.2.13
和歌山バス 路線 いすゞ車に3車両をUP
三重交通いすゞ高速・特急車-2に3車両をUP
三重交通 いすゞ高速特急車に3車両をUP
和歌山バス 路線 日野 中・小型車に4車両をUP
三重交通 いすゞ特急車に4車両をUP

 

【 三重県 】

路線バスは三重交通が全県域で営業を行なっています。県内域の路線バスの他、関東方面への夜行高速バス、都市間高速バスにも積極的に進出をおこなっていますが、利用者の減少傾向が進む県南では、地域分社化(三交伊勢志摩交通、三交南紀交通)を行っています。他にも八風バスが桑名方面、三岐鉄道が四日市方面で路線バスを運行しています。
貸切バスは三重交通、八風バス、三重急行バスの三交グループの他、名阪近鉄バス、名鉄観光が県内に営業所を持ち展開を行っている他、新免の事業者が増加傾向にあります。



三重交通 三重急行自動車 八風バス 三岐鉄道
■名阪近鉄バス
    

【 奈良県 】

奈良交通が全県域で路線バスと貸切バスを営業しています。奈良市内と近鉄奈良線周辺のベッドタウンでは輸送量が多いものの、過疎化が進む地域では車両の小型化やエヌシーバスへの委託や移管が進められています。
JRバスは2003年に一般路線からは撤退し、関東方面との夜行高速バスが唯一の存在となっています。
貸切バスは奈良交通の他、奈良観光、帝産観光バスが拠点を構える一方、新免事業者が小規模台数ではあるものの参入を図っています。

奈良交通 ■奈良観光 ■帝産観光バス

【 和歌山県 】

全県域で営業をおこなっている事業者は無く、各地域において活躍をしています。和歌山県内で最大の事業者が県庁所在地をエリアとする和歌山バス。
和歌山市内の一般路線の他、関西空港へのリムジンバスや関東方面への夜行高速バスを運行しています。
同社から分離した和歌山バス那賀は、紀ノ川沿いの路線をエリアとしています。また橋本市及び高野山地域では南海電鉄から分社した南海りんかんばすが営業。中紀地方では南海グループの御坊南海バス、鉄道事業からは撤退した有田鉄道バス、中紀バスが路線バスと貸切バスを営業。紀南方面では田辺周囲で龍神バス、明光バス、西日本JRバスが共に路線バスと貸切バス。新宮方面では熊野交通が路線バスと貸切バスを営業しています。
また、貸切専業者としてクリスタル観光(旧和歌山南海観光バス)、田辺観光、ユタカ交通などがある他、新免事業者がやはり増加傾向にあります。

和歌山バス 和歌山バス那賀 南海りんかんバス 有田鉄道
■有田交通 ■中紀バス 御坊南海バス 明光バス
龍神自動車 西日本JRバス 熊野交通
日の丸観光バス
 
 
Copyright (C)  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.