撮影記&トピックス
紀伊半島のバス
紀伊半島の鉄道
バス情報掲示板
リンクのページ
更新履歴
自己紹介ほか
HOME
 ■御坊南海バス
 ≪路線車編1≫御坊南海バス
【1】 P-MK116F



 1998.10 撮影
【2】 P-RR172BA



 2002.1.13撮影
【3】 P-RR172BA



 2002.1.13撮影
【4】 P-RR172CA



 2005.8.14撮影
【5】 P-RR172CA



 2000.1.2撮影
【6】 P-RR172CA



 2003.12.31撮影
【1】 三菱ふそうの中型車MK。トップドア仕様で立席定員の無い小型登録であるのが特徴です。
既に廃車となっています。

【2】 P-規制の日野中型車RR。レインボーの初期型で、冷房ユニットがフロント部に搭載されています。
エアサス装備の前後扉仕様でツーステップ車です。

【3】 同じく初期型のレインボーRR。【2】の車両と同仕様ですが、ナンバープレートの位置がバンパーにあるのが特徴です。
写真の407号車は和歌山線に使用されていた車両で、側面の方向幕を持たない車両群の中で、後扉の後方にサボ受けを備えていました。
これら初期型のレインボーは低床車の導入に伴い、順次廃車となっています。

【4】
【5】
P-規制のレインボーですが、マイナーチェンジ版で冷房ユニットの搭載位置が後退しています。
写真の99号車は一時期、ラッピングの広告車となっていました。※【5】

【6】 【4】と同仕様の車両ですが、フロント部分に円板取り付け用?のステーがあるのが特徴です。

Copyright (C)1998- 2006  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.