撮影記&トピックス
紀伊半島のバス
紀伊半島の鉄道
バス情報掲示板
リンクのページ
更新履歴
自己紹介ほか
HOME
 ■御坊南海バス
 ≪路線車編2≫御坊南海バス
【7】 U-RR3HJAA



 2000.1.4撮影
【8】 KC-MK219F



 1999.? 撮影
【9】 KK-RJ1JJHK改



 2001.6.30撮影
【10】 KK-RJ1JJHK改



 2006.5.21撮影
【11】 KK-MJ26HF改



 2005.6.18撮影
【12】 KK-MJ26HF改



 2002.6.?撮影
【7】 U-規制のレインボーRR。エアサス装備の前後扉、ツーステップ車です。
写真の430号車ではフロント部分に社章が見えますが、現在では取り外されています。(他の車両も同様)
また和歌山線に使用されていた車両で、乗車用の後扉後方にサボが確認出来ます。

【8】 KC-規制の三菱ふそうの中型車、エアロミディMK。
前中扉で、中扉が折戸仕様となっています。この車両も【1】で紹介した車両と同じく、立席定員の無い小型登録車となっているのが特筆されます。

【9】 KK-規制のレインボーRJ。御坊南海バスとして初の低床車両となりました。
前中扉で、エアサス仕様です。

【10】 同じくKK-規制のレインボー・ワンステップ車です。
【9】の車両とは行先表示がLED式となり、窓配置がメトロから逆T字形となり、枠が銀から黒へと変更されています。

【11】
【12】
三菱ふそうのエアロミディMJノンステップバスです。
同社初のノンステップ車両として導入されました。前中扉で中扉は折戸仕様となっています。行先表示はLED式です。
2002年のワールドカップで、デンマークのチームが和歌山県内でキャンプを行った際には、同国の応援ステッカーが貼り付けられていました。※【12】


Copyright (C)1998- 2006  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.