|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

11月18日(日)

日本海側は寒気の影響でぐずついた天気のようでしたが、紀南地方はお天気に恵まれました。(さすがに夕方からは曇ってきました)
朝から、暇をみては近場で紀勢線の列車を撮影。
最近は仕事が忙しく、遠出も控え気味です。ゆっくりとした休日を過ごしました。また明日から頑張るかぁ・・・

▲神志山駅付近をゆくキハ48の普通列車。

▲キハ11の普通列車。少し空が霞んでいるような感じ・・・。でも気持ちの良い日中でした。

▲重連貨物1853レは赤更新機のペアでした。(1804+857)


11月11日(日)

朝早い時間は曇天。
新宮駅と勝浦温泉で、三重交通の夜行高速バスを撮影。南紀営業所の関東方面とを結ぶ車両の1両について、黒色のバンパーがボディと同色の白に変更されていました。
印象としてはスマートになってかっこいいなあという感じ。
一旦帰宅した後、くつろいでいると天候が急速に回復してきました。息子を連れて今度は貨物列車の撮影に出かけました。
息子にもカメラを持たせて私の横で撮影をさせましたが、なかなかええタイミングでシャッターを切ってくれました。アングル、露出、ピントは先に合わせておいたものの、侮れない出来でした^^

▲ボディ同色化で白バンパーとなった三重交通の夜行高速2027号車。(三菱ふそうKL-MS86MP)
▲息子に撮影してもらった850レ。セッティングのお膳立てはしたもののタイミングがどんぴしゃなのには驚きました!
  晴天順光に原色の896号機で嬉しさも全開!


11月10日(土)

雨の休日となりました。気のせいか、今年は週末になるとすっきりしない天気が多かったように思います。
そんな曇天や小雨の時には、ゆっくり休養しようと思うのですが、家事や育児でそうもいきません・・・(>_<)
それでも結構、収穫の多かった一日でした。
熊野交通の新型セレガの公式側撮影、三重交通の中型車PDG-LRの行先表示LEDオン時の撮影。
そして昨年秋に導入された三重交通のMS8系エアロ、新カラーリング車。これまで撮影機会に恵まれなかったこのクルマをキャッチできたのは大きかったです。

▲熊野交通の新型セレガ。ようやく公式側からの撮影に成功。
 息子の保育園の迎えにキャッチ。

▲三重交通南紀営業所の新型LR。
 最近導入の車両の例に漏れず、行先表示はLED表示。車庫から出庫する際にシャッタースピード1/60で撮影。これも曇天ならでは・・・?

▲三重交通の新カラーリング貸切車。昨年秋に名古屋に配置された車両で、新宮ではなかなかお目にかかれないクルマ。
 (私は初めて見ました^^;)


11月4日(日)

家内と娘はお出かけしてしまったので、息子と二人で遊んでました。
午後から、自転車に乗って新宮駅へ。電車の発着を眺めた後に、三重交通の新宮車庫を覗くと新車が来ておりました。
広告枠も取付けられていない、ほんとにピカピカの状態でした。
先に2両の廃車を確認していましたので、その代替と思います。南紀に路線車の新車というと7m尺のエルガミオ以来?ですので約7年振りとなります。(高速車は除く・・・)
今回導入されたのは、ワンステップの中型車が2両。紀伊半島の南でも、低床車が少しずつですが増えてきました。
ネット上でも、三重交通の各営業所に新車が導入されている模様。趣味の方も忙しくなりそうです・・・。

▲新長期排ガス規制に対応したエルガミオ。排気ルーバーが公式側に移ったのが識別ポイントです。
 行先表示はLED式。シャッタースピードが早いと同調しないのが難・・・。


11月3日(土)

家族で御坊方面へ出かけ、電車撮影をしてきました。
秋晴れの非常に気持ちの良い一日でした。
きのくに線の田辺以北のローカル運用には、113系、117系電車が活躍していますが、今回はそれらの撮影が目的でした。
私の住んでいる近くのローカル列車は、ワンマン運転の105系2両編成ですので、同じ県内の路線でも新鮮味があります。
お昼前に着いたので、撮影地脇でお弁当を広げながらの撮影・・・。みかんの産地では収穫期を迎え、オレンジ色が映えています。多少の失敗写真もありましたが、満足のいく撮影行でした。

▲かつては東海道の新快速に活躍した117系。現在は各地へ転属してのローカル運用が活躍の舞台。

▲7月に、2つ目のオール阪和色編成となった113系。

2007年10月2007年 9月2007年 8月2007年 7月
2007年 6月2007年 5月2007年 4月2007年 3月2007年 2月2007年 1月
2006年 8月2006年 5月2006年 4月2006年 3月
2006年 2月2006年 1月
Copyright (C)1998- 2006  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.