|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

2月18日(日)

前日からの雨は明け方には止んだようでした。朝、目が覚めると眩しい太陽の光が見えました。
息子の「朝やで、起きようっ!」との掛け声で布団から這い出て、撮影準備。
雨上がりの空は青みも鮮やか、表情豊かな雲も演出に一役買ってくれます。紀勢貨物を撮影後、私の好きな青空をいっぱい入れた構図で楽しみました。

                       327C 2007.2.18撮影 船津〜相賀


                       3004D 2007.2.18撮影 尾鷲〜相賀

2月17日(土)

趣友よりメールあり、2パンタ装備の105系P編成がきのくに線の運用に就いているとの事。
このP編成、冬季は和歌山線での霜取りの為、2基あるパンタグラフを両方ともに上げているのが特徴。その車両がこの時期にきのくに線の105系の検査代走に就くとは珍しいことです。情報感謝!
ということで、曇天を利用して海岸線をゆくP編成を撮ってきました。

2007.2.17撮影 新宮〜三輪崎間


2月15日(木)

DD51 857号機、更新後3回目の紀勢貨物に登板。
最初の充当後にカマの組み換えがあったようで、2回目以降はペアが替わっていました。
6日の撮影と同じ場所ですが、今回は構える位置を変えて、かつレンズを広角側に振って撮影しました。

2007.2.15撮影 新宮〜鵜殿間


2月13日(月)

JR西日本の新型検測車、キヤ141系は昨年暮れ頃から本格的にデビュー。
きのくに線での検測は今回で2回目。前回は新宮発が朝の4時台でしたが、この日は7時台でしたので走行シーンの撮影が可能でした。
朝早い時間で、光線はやや弱いものの雰囲気はいい感じ。ライトを輝かせながらゆっくりとしたスピードで通過していきました。

2007.2.13撮影 新宮〜三輪崎間


2月12日(月)

三連休では最高の天候でしたが、遠出が出来ずに近場での撮影。と言っても、家内の実家に帰省しているので、その"近場”にてですが^^;
この冬は暖冬で梅の開花も早いようです。相賀の近くにて梅の花がほころんでいるところがありました。

                               2007.2.12撮影 船津〜相賀間


2月11日(日)

この日は昨年8月以来、3回目となる三岐鉄道に出かけました。
撮影地近辺が丁度、雲の通り道になっているようで、藤原岳には雪雲がかかっているようでした。
寒風の吹く寒〜い一日でしたが、ED45重連の貨物やラッピングの施された普通電車など、収穫の多い一日でした。

2007.2.11撮影 丹生川〜三里間


2月10日(土)

紀勢貨物はカマ替えにより原色の重連となってやってきました。
←新宮 1801+1028 のコンビ。
1853レで1801号機先頭は未撮影でしたので、正面がちに撮ってみました。

2007.2.10撮影 阿田和〜紀伊井田間


2月6日(火)
 
先日、愛知機関区のDD51 857号機が更新を受け、新塗色で出場しました。スノウプロウ付きで(^^♪
そしてこの日、紀勢貨物に充当され、新宮までやってきました。前夜に趣友より連絡があり、撮影機会を得られました。(感謝、感謝!)
更新直後のピカピカのボディは、使い込まれたDLとはまた違った独特の雰囲気がありますね。

850レ 2007.2.6撮影 新宮〜鵜殿間


2月4日(日)
 
ここ最近、週末の休日には天候に恵まれないことが多かったのですが、この日は終日、良いお天気に恵まれました。
少し遠出もしたい気分でしたが、家族も風邪気味な為、近場で時間を作りながら紀勢貨物の撮影を楽しみました。
1853レと850レはコンテナがオール赤となり、満足な結果の一日でした。

1853レ 2007.2.4撮影 阿田和〜紀伊井田間

850レ 2007.2.4撮影 新宮〜鵜殿間


2月3日(土)
 
2月最初の撮影はお昼休み時間帯の105系普通電車。
きのくに線の紀伊田辺〜新宮間は3扉にトイレ付のリニューアル車が5編成で運用されています。103系からの改造である4扉車に比べると外観の差異がほとんど無いのが特徴。
そんな中で列車無線のアンテナの取り付方が車両によって異なっており、この日撮影の車両は“棒”が直付けされているタイプでした。

2332M 2007.2.3撮影 宇久井〜那智

|2007年2月|2007年1月2006年8月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月
Copyright (C)1998- 2006  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.