|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

7月29日(日)

ジョイフルトレイン「あすか」撮影の為、息子を連れて出かけました。いつものように、息子にはビデオカメラを担当してもらいました。
往路は古座川を渡るシーンと、紀伊田原→紀伊浦神間で各1ショットずつ。
鉄橋を渡るシーン、列車が見えた時には「来たーっ!」息子も興奮していたようです(笑)
一旦帰宅して、英気を養って?から夕方復路の撮影。こちらは1ショットのみ。
久し振りに新宮まで「あすか」が入線するということで、今回は天気予報がかなり気になっていました。前日までは『曇り一時雨』の予報でしたが、当日は少々靄っていたものの、夏のまぶしい日差しの中、そして夕方のやわらかい日差しを浴びる中で撮影が出来て満足の一日でした。

▲古座川を渡る「あすか」。きのくに線で新宮まで入線するのは4年振りくらいでしょうか。

▲夕方、復路の「あすか」。7両フル編成は良いですね。牽引カマは1191号機でした。

▲夏の花、「カンナ」。もう少し列車をぼかした方が良かったかも・・・。
  (列車105系は2328M)
7月22日(日)
 
1999年の登場以来、紀勢本線を中心に活躍してきた「きのくにシーサイド号」が今夏で引退のようです。
夏休み期間中の土日は「ありがとうシーサイド」として、和歌山〜白浜間での運転。※7/21、22、28、29、8/4、5、11、12の予定。
8月末には「さよならシーサイド」として、デビュー時の串本〜新宮間で運転が予定されています。※8/25、26の予定。
結婚前に家内と一緒にデート乗車したり、子供が鉄に目覚めて?からは家族で乗車したりと、個人的にも思い出の多い列車、車両でした。

この日は、お昼前から天候が一時回復。田辺で高速バスの観測とセットで引退前の活躍をする同列車を撮影をしました。

▲明光の新型セレガ359号車。行先表示器をLED式としたことで、シンプルなイメージがします。

▲きのくにシーサイド号。沿線の稲も大きく生長しています。大勢のお客さんが乗車していました。


7月16日(月)

久〜し振りに奈良交通の北大和と平城各管内の車両撮影に出かけてきました。(途中、三交の伊賀車庫にも訪問)
学園前駅と高の原駅で観測・・・。それぞれ数年振りの撮影でした。
数年振りということで、エルガの長尺やポンチョなど前回撮影以降の新車も撮影出来ていなかったので結構な収穫となりました。
また奈良交通では奈良市と友好関係を結んでいる世界各地の都市のラッピング車があったのですが、平城の334号車がまだこのラッピングを纏っていたのを確認。
(334号車以外は既に通常塗装に戻ったり、他の一般企業の広告ラッピングなどに模様替えされているようです)
この334号車の前回撮影は1999年でしたから、足掛け8年でようやく公式側の撮影に成功。これが一番嬉しかったりします(^^♪

それでは、この日の撮影分を何点か紹介します。

▲ポンチョ、ロング仕様。北大和、平城、榛原に配置されているようです。

▲エルガ長尺車(ワンステップ)。平城で団地輸送に活躍しています。

▲友好都市のラッピングを纏う平城のLV車。

▲ブルーリボンシティの長尺車(ワンステップ)。
 既に同型車はエルガのOEM車に車種統一されていることから、今後増備がある場合はエルガとなることでしょう。
▲平城に配置されている中型のCNGノンステップバス。


7月15日(日)

台風4号は夜のうちに紀伊半島を通過していきました。
快晴になればよかったのですが、なかなかそうはいかないですね。時折、晴れ間が覗くものの雲の多い一日でした。
そんな中、台風の余波で紀勢本線のダイヤも大幅に乱れ、車両の運用にも影響が出たよう。くろしお9号、30号にはスーパー編成の6両+3両という編成を充当。白浜以南もこの編成でやってきました。過去、白浜以南にスーパー編成の9両が入線したのは非常に稀で、貴重な記録となりました。

▲7月15日付けでTOPにも掲載した画像(再掲)。

▲振り返って新宮方のパノラマグリーン車を撮影。列車愛称は「くろしお」。

▲変り種「くろしお」の直前に撮影した105系。3扉リニューアル車の代走で4扉車が運用に入っていました。
  この時は良いお天気でしたが・・・。


7月11日(水)

奈良への出張の帰り、近鉄の橿原神宮駅近くを通ると電動貨車が停まっていました。
出張は疲れましたが、いいお土産?が撮れました。
この電動貨車、走行シーンは一度(この時も出張の時)しかお目にかかったことがありません。いつかは走行している場面をカメラに収めたいものです。



7月8日(日)

家族4人で本州最南端の潮岬へドライブに出かけました。
まずは自宅近くの新宮港に商船三井の客船「にっぽん丸」が停泊していましたので、寄り道。オプショナルツアーで熊野三山周辺への観光に待機している貸切バスを撮影。
その後ゆっくりと潮岬方面へ。橋杭岩ではなにわナンバーの奈良観光バスを撮影。このクルマは元名阪近鉄バスの大阪営業所譲渡の際に移管された車両のようです。
(2005年末に名阪近鉄バスは大阪営業所を奈良観光バスに譲渡、翌2006年1月から同社の大阪営業所として営業)

そして大島を経由して、潮岬に到着。外に出て昼食を食べました。
ここでは近畿観光バスと書かれたセレガR-GJを撮影。どうみてもクリスタル観光バス(大阪)なのですが、2007年4月にグッドウィル傘下から大阪観光バス傘下になっています。
社名も新たに再出発を図ろうとしているのでしょうか。和歌山にも旧和歌山南海観光バスが母体のクリスタル観光バス(和歌山)があります。こちらも「近畿観光バス」を名乗ることになるのか少々気になるところです。

さて周囲を散策して、帰ろうと思ったところに熊野交通のノンステップ109号車と遭遇。
このクルマ、紀南地方では珍しい広告車ですが、4年振りに同一スポンサーながらデザインが更新されていました。すかさずUターンしてカメラに収めました。


▲なにわナンバーの奈良観光バス。

▲初見の「近畿観光バス」。クリスタル観光バス(和歌山)の動向も気になるところ。

▲掲示板にもUPした、熊野交通のラッピング車。
 温暖な地らしい雰囲気の中で、折返し時間まで待機中。


7月1日(日)

久し振りに和歌山県北部へバス撮影の遠征をしてきました。
同じ県内でも出向く機会がそうそう多くはありませんので、いつもの如く強行スケジュールで回ってきました。
かいつまんで何点かご紹介。

▲掲示板にみかん山さんも投稿されていた和歌山バスリムジン車のセレガR。

▲06年の暮れ、海南に配置された和歌山バス、ふそうMKのロング。

 
▲大十オレンジバスのポンチョ。ロング仕様です。

▲紀州観光のクィーンT。後方に見えるのは掲示板にぷるまんさんが投稿いただいた320号車。

▲南海から御坊南海に移籍のリエッセ。と言っても約一年前の移籍です。ようやく捕獲できました(^^♪

2007年6月2007年5月2007年4月2007年3月2007年2月2007年1月2006年8月2006年5月2006年4月2006年3月2006年2月2006年1月
Copyright (C)1998- 2006  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.