|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

5月24日(日)

2089レは青カマの875号機。青カマが赤の新更新色へと変わっていっている中では貴重な存在になってきました。
今回は草刈りで綺麗になった、三野瀬〜船津間の直線区間をやってくる姿を捉えてみました。

貨物通過後、久し振りに会った地元鉄さんと世間話や鉄談義。
紀勢本線、全通50周年記念号などで盛り上がっていると、三野瀬方から輝くヘッドライト!キヤ95がやってきました。
慌ててシャッターを切った後、地元鉄さんとお別れして、家内の実家へ帰宅。
(地元鉄さん、ありがとうございました)

さて、キヤ95の返しを撮るべく、お昼ご飯を食べてから息子と再度出かけましたが、一旦止んでいた雨が再び降り出し、雷鳴も轟く始末・・・。
ところが撮影場所に着く頃に、なんと雨が止んでくれました。これぞ、天の助け(^_^;)
ラッキー!と感謝しつつ、息子の三脚をセットしていると、踏切警報機の音が聞こえてきました。
自分の三脚は用意が間に合わなかったものの、手持ちでカメラを構えてシャッターを切りました。

▲紀勢貨物2089レ。
▲キヤ95。パンタグラフ装備の第一編成(DR1)。

▲キヤ95の復路。


5月23日(土)

息子と一緒に、紀勢本線と近鉄大阪線、そして伊賀鉄道の撮影をしてきました。

まずは紀勢本線。
大内山〜伊勢柏崎間にてキハ40+48の322D。(亀山行き)
この列車、現在の紀勢本線の普通列車では、最長の5両編成で運転をされています。
しばらくして、322Dと伊勢柏崎で交換したキハ11の4両編成、325D(新宮行き)がやってきますので、同じ場所に待機して後追い撮影。
新緑の美しい山並みを背に通過していきました。

▲尾鷲発、亀山行きの322D。
  尾鷲〜紀伊長島間はキハ40の単行。紀伊長島で4両を足して5両編成になります。

▲松阪発、新宮行きの325D。(後追い撮影))
  松阪発車時点では2両編成。多気で2両を足して4両編成になります。新宮到着後は編成を分割して、330C、334Cで折り返します。


この2列車を撮影して、伊勢柏崎のS字カーブへ移動。2089レを撮影しました。
定番の超有名撮影地だけあり、私たちが着いた頃には既に数名の方が2089レを待っていました。
二人で三脚を立てて、貨物列車がやってくるのを待ちます。
霧が良く発生する場所ではありますが、この日はそうした心配も無く、快晴の下を856号機牽引の貨物が駆け抜けていきました。
私自身、このS字カーブは年に1、2回ほどの撮影なのですが、数年振りの晴れカットをものに出来ました。

▲S字カーブを行く856号機牽引の貨物列車。


紀勢本線の撮影後は青山町へ向かい、近鉄大阪線を撮影。
特に運用車両の下調べはしていなかったのですが、同じ場所で撮影の方に、ブツ8の特急が入っていると教えていただき、その列車まで撮影をしました。
あいにく、太陽は雲の中でしたが、いいのが撮れました。(どうも、ありがとうございました。)
▲12200系と22000系によるブツ8の名古屋行き特急。
  この時間帯のみ青山町あたりが、雲の通り道になっていたようで、少々残念。



そのブツ8を撮った後、伊賀鉄道沿線へ移動。
3回目の正直、でようやく復刻塗装編成の撮影機会となりました。
お昼ご飯を食べて、場所を変えた先では、前回の伊賀鉄道撮影時にお世話になったお方と再会。
再び、楽しい時間を過ごさせていただきました。改めてありがとうございました。


▲3月に復刻塗装となった863F編成。
  銀の飾り帯はシール?再現のようですが、なかなかいい雰囲気が出ています。(後追い撮影)

▲伊賀鉄道では定番撮影地の上林〜比土間を行く、復刻塗装編成。

▲名泗コンサルタントのラッピング編成。
  この編成も私自身、まともに撮影するのは初めて・・・。
  車体のキャラクターも、伊賀の地に合わせて忍者の衣装を着ているんですねえ。


5月15日

2年振りに平城京近くに行ってきました。
3月20日に、阪神なんば線が開通。阪神線と近鉄線の間で相互直通運転(近鉄奈良〜阪神三宮間)が開始され、奈良県内でも阪神電車の姿が見られるようになりました。
今回はこの奈良を走る阪神電車の撮影が目的です。

新宮から平城京跡までは車で4時間弱。予定場所に着いたのはお昼の12時前でした。
下りの奈良行きを撮るには時間が遅く、太陽は既に後ろ側に回り始めています。
夏場は10時半頃から正午前後までが順光のようです。次はもうちょっと早く出発しないといけませんね。

13時頃からは上り方面の列車を撮影。
夕方までのんびりとカメラを構えていました。ちょうど近くに木陰があり、列車が来ない時間には休息が出来ます。

この平城京跡ですが、遷都1300年記念事業の会場となり、姿を変えそうな雰囲気です。
近鉄線の南側は会場のエントランスと駐車場として整備をされます。
私が行った日も、会場整備用の取付け道路の工事が始まっていました。
有名な定番撮影地であったのですが、この夏以降はどうなるか分かりませんね・・・。

▲阪神1000系電車。平日の日中は6両編成ばかりのようです。

▲上りの三宮行き、快速急行。 奈良で阪神電車が走る日がようやく実現しましたね。

▲京都市交通局の10系。こちらも近鉄と相互直通運転をしています。

▲京都国際会館行き。

▲平城遷都1300年のラッピングが施された、近鉄9820系。

▲丸屋根の8000系もかなり数を減らしているものの、まだまだ元気です。


5月4日(月)

前日に続いて不安定な天気。この日もバス撮影で伊勢へ向かいました。
お正月には恒例のパークアンドバスライドが3日〜5日も実施されるということで、観測に出かけました。

まずはサンアリーナに車を置いて、そこからシャトルバスに乗車し内宮へ向かいます。シャトルバスは三交の貸切車。各営業所から応援に駆けつけていました。

私たちは、6515号車の丁寧な運転にお世話になり、内宮に着くと・・・雨!(T_T)
しかも結構な降りで、雨具を用意して来なかった私と息子は濡れながらの撮影。息子は早く帰りたがるし(そりゃそうですわな)、露出は厳しいしで、どうなることかと思いましたが、雨も1時間位であがってくれ、お昼前まで観測をしてきました。

▲松阪営業所のLVトップドア車。【いすゞU-LV218N】
  松阪からは↑の5755号車の他、5756号車もやってきていました。

▲伊賀営業所の5758号車。
  日本バス協会の“バスマスク”付き。他営業所からの応援車は、この日本バス協会の“バスマスク”を付けた車両が結構いました。

▲地元、伊勢のラッピング車。

▲四日市からはPJ-の特急車。
  【いすゞ PJ-LV234Q1】 ↑5763号車と5762号車を確認しました。

▲同じく四日市から、特定輸送のブルーリボンU。
  【日野 PJ-KV234N1】


5月3日(日)

天気予報は曇りベース。
鉄撮影には向かないだろうと判断し、バス撮りメインで遠征しました。
三交北勢→桑名→八風バス→三岐(富田)→三交四日市→三交中勢を回ってきました。
各営業所ではもちろんお仕事中にお邪魔した訳ですが、ご親切にしていただき、ありがとうございましたm(__)m

いろいろと撮影できましたが、いくつかピックアップしてみます。

▲いなべ市の「アイバス」にも使用されるエルガミオの7m車。【いすゞ KK-LR233E1】
  メインはポンチョですが、こうした三交の一般車も使用されることがあるようです。

▲セレガFSの高速車。初期車では廃車も出始めているようですが、まだまだ現役の車両が多数活躍しています。
 【日野 U-RU1FTAA】

▲愛知県の飛島村の公共バスに使用されるガーラリミテッドエディション。【いすゞ PKG-RU1ESAJ】
  桑名営業所に配置されています。日曜日のお昼時ということもあり、セレガと共に車庫でお休み中でした。

▲三重交通から八風バスに移籍してきたエルガ。【いすゞ KL-LT233J2】
  八風バスの個性でもあった「まんがバス」の初期車が、排ガス規制で運用から外れる為の措置のようです。

▲三岐鉄道バスの貸切車、ガーラHD9。【いすゞ BDG-RU8JHAJ】
 この新塗装の撮影、私自身は初めてでした。

▲八風から三交に移ったガーラ高速車。【いすゞ KL-LV781R2】
  三重交通の社章がフロント部に付いています。少しですが、印象が変わりますね。

▲特定輸送に使用されるエアロスター。【三菱 KL-MP35JM】
  この車両もフロントの社章が旧タイプに変わっています。

▲旧美杉村(現在は津市美杉町)の村営バス用のレインボー。 【日野 U-RB1WGAA】
  息子は珍しそうに眺めていました。私自身も初めてカメラに収めました。


5月2日(土)

息子と伊賀鉄道撮影に出かけました。
お目当てはマルーン一色になった編成だったのですが、なかなかやって来ません・・・。
富田林からやって来られた方から、上野の車庫でパンタを降ろして休んでいたと聞いて望み薄かと思いながらも、「次は来るかなあ?」と待っていましたが、振られてしまいました(ToT)
それでも、同好の趣味の方といろいろなお話をしながらの撮影は、楽しいものです。(ありがとうございました)

この日は緑色の忍者電車と通常塗装の各1編成だけの撮影でしたが、伊賀鉄道も関東の私鉄から車両を購入し、現在の車両を更新していくことが公になっていますで、いい記録になたかも知れません。息子とも「また来ような」と言って、伊賀鉄道を後にしました。

▲まずは、伊賀鉄道へ向かう途中にお昼ご飯を食べながら、近鉄大阪線を撮影。
  青山町付近を行く、12200系+22000系の8連。

▲そして新鋭の22600系。名古屋→大阪難波へ向かう特急に入っていました。

▲伊賀鉄道。標準カラーの編成。

▲緑色の忍者電車。車両が置き換えられると、この忍者電車もどうなるんでしょうか?

▲標準カラーの編成を縦位置で撮影。

▲伊賀線を跨ぐ道路脇から、標準カラーの編成を撮ってみました。


5月1日(金)

紀勢貨物は2日以降、GWのために運休になったようです。
最近は撮影場所がワンパターンになりがちだったので、この日はちょっと違う場所で狙ってみました。
と言ってもいつもの築提の場所からも、そんなには離れていないのですけど・・・。
さて、久し振りの縦位置撮影です。早目に場所に着いたつもりでしたが、アングルやピント位置決めをしていると間もなく通過時刻。
先に3004Dを後追いで確認して、最後に微調整。何とか上手く決まりました(自己満足)。



2009年 4月 2009年 3月 2009年 2月 2009年 1月
2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年 9月 2008年 8月 2008年 7月
2008年 6月 2008年 5月 2008年 4月 2008年 3月 2008年 2月 2008年 1月
2007年12月 2007年11月 2007年10月 2007年 9月 2007年 8月 2007年 7月
2007年 6月 2007年 5月 2007年 4月 2007年 3月 2007年 2月 2007年 1月
2006年 8月 2006年 5月 2006年 4月 2006年 3月 2006年 2月 2006年 1月
Copyright (C)1998- 2009  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.