|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

7月18日(土)

紀勢貨物には原色で出場した1805号機が登板しました。(紀勢に入るのは2回目)
空を覆っていた雲も少しずつ流れていき、青空の下での撮影が出来ました。

撮影を終えて、今度は高野山方面へ車を走らせました。
目的は、南海りんかんバスです。

最近になって、南海バスからの移籍車が高野山営業所にも入っているらしいと言う事で、約2年振りの訪問となりました。
高野山に向かう途中では、熊野交通の「高野・熊野アクセスバス」をところどころで撮影。
この日の護摩壇山あたりの気温は22℃くらいで、下界とは10℃近くの差がありました。窓を開けながら車を走らせると気持ちの良い風が入ってきます。
近くにあるあじさい園では、アジサイが綺麗に咲いており、ちょうど今が見頃のようです。(8月までは楽しめるそうです)

高野山駅に着くと、南海りんかんバスの路線車が忙しそうに発着していました。
三連休の初日、そして学校は夏休みに入っているということもあり、大勢の観光客が乗り降りをしています。
この時ばかりは、バス輸送の頼もしさを感じました。

▲紀勢貨物に入った1805号機。
  前所属は吹田機関区。貴重な原色カマです。

▲ワイドビュー南紀4号(3004D)。三連休ということもあってか、2両増結の6両編成でした。

▲牛馬童子口で休憩中の熊野ライナー。(勝浦温泉行き)
  所定では、セレガのシアター車ですが、検査の為かGJが運用されていました。
  【日野 U-RU3FTAB】

▲南海りんかんバスの新顔、HUワンステップ。
  元は2代目の鳳シャトル。南海ウィングバスを経て、高野山にやってきました。
  【日野 KC-HU2MMCA】

▲こちらも移籍車のエアロスター。
  【三菱ふそう KC-MP217M】

▲護摩壇山行きの急行バスに入った、エアロミディ・ワンステップ。
  徐々にではありますが、バリアフリー対応の車両が増えてきているようです。
  【三菱ふそう KK-MK26HF】

▲護摩壇山で龍神バスのリエッセと並ぶエアロミディ。


7月15日(水)

紀勢本線が全線開通して50周年を迎え、この全通を祝う記念列車が、亀山→白浜間で運転されました。
亀山駅では出発式が、またJR東海の区間内では、停車時間を利用して様々な記念の催しが行われました。
そして終点の白浜駅では歓迎の催しの他、記念列車(キハ85系)とオーシャンアロー、くろしおの3列車が1分間だけ並ぶという粋な演出がありました。

開業当時の記録映像を見ると、相当な苦労の下に完成した事、この地方の人々の大きな期待が込められていた事が伝わってきます。
50年を経て、道路網の整備と利用者減によりその役割は変わってきていますが、これからも重要な交通機関として活躍していくことが期待されます。

今回、私はこの記念列車、撮影する側に回りました。
さて、どこで撮影しようかと考えましたが、記念列車に使用されるキハ85系は普段は紀伊勝浦までの運転。
白浜までのJR西日本区間には初めての
入線ということと、今後もよほどの事が無い限り白浜方面に運転されることはないだろうとの事から、JR西日本区間での撮影としました。

▲定番撮影地、日置川橋梁を渡る、全通50周年記念号。

▲白浜駅に到着、3列車の並びを終え、帰路に着くキハ85系。
  渡るのは富田川。

▲亀山方の先頭は貫通型車両。シール式?のマークが用意されていました。
  また各車両共、丹念に洗車が行われており、美しい姿でこの記念列車に充当されました。


7月12日(日)

梅雨も中休み。朝から気持ちの良い晴れ間が広がりました。
しかし、紀勢貨物は運休という先輩趣友からの連絡・・・。少し落胆しながらもカメラを手に取り、撮影に出かけました。
326D、325D、3004Dという定番の撮影をした後は、地元鉄さんと一緒に新宮駅へ行き、紀勢本線全通当時のダイヤグラムが入った駅弁を購入してきました。
夕方からは、和歌山から遠征で来られた、バス撮影の先輩趣友氏と新宮駅前でバスウォッチング。
朝夕共に、限られた時間ではありましたが休日のリフレッシュを満喫した一日でした。

▲326D。

▲同じく326Dを縦撮り。色んな形の雲が浮かんでいました。

▲325D。
▲3004D。1両増結の5両編成となっていたワイドビュー南紀4号。
  稲も順調に生長。緑が鮮やかです。

2009年 6月 2009年 5月 2009年 4月 2009年 3月 2009年 2月 2009年 1月
2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年 9月 2008年 8月 2008年 7月
2008年 6月 2008年 5月 2008年 4月 2008年 3月 2008年 2月 2008年 1月
2007年12月 2007年11月 2007年10月 2007年 9月 2007年 8月 2007年 7月
2007年 6月 2007年 5月 2007年 4月 2007年 3月 2007年 2月 2007年 1月
2006年 8月 2006年 5月 2006年 4月 2006年 3月 2006年 2月 2006年 1月
Copyright (C)1998- 2009  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.