|撮影日記|紀伊半島のバス紀伊半島の鉄道バス情報掲示板リンク更新履歴自己紹介他HOME
 ■撮影記&トピックス

7月1日(日) 『雨中の紀勢貨物』

この撮影記を書いている時点(7月19日)では、18日に紀伊半島のある近畿・東海地方は梅雨明けをしました。

しかし7月最初の日曜日は、梅雨真っただ中。
雨が降り続く日でしたが、紀勢貨物の撮影に出かけてきました。

まずは、三瀬谷鉄橋。

熊野市始発の亀山行き、322Dがやってきました。

▲323D [PENTAX K-5]


熊野市から紀伊長島まではキハ40の単行。
紀伊長島にて、4両を増結して5両編成となる列車です。
中間のユニットは旧国鉄ローカル色の2両でした。

雨は小降りでしたが、霧がかかり幻想的な雰囲気でした。


しばらくして紀勢貨物がやってきました。


▲2089レ [PENTAX K-5]

原色(国鉄色)のDD51 1805号機の牽引です。


続いて大内山へ。


▲2089レ [PENTAX K-5]

夏とは言え、小雨降る中では薄暗く感じます。
しかし木々の緑の色は深く、稲の緑は明るく映り、色彩を感じることが出来ます。




荷坂峠を下り、紀伊長島〜三野瀬間の直線へ。
跨線橋の金網越しの撮影です。


▲2089レ [PENTAX K-5]


濡れた線路を照らす、DD51のヘッドライトが眩しく映ります。


▲2089レ [PENTAX K-5]




▲2089レ [PENTAX K-5]

最後に三野瀬〜船津間にて。
ここで雨中の撮影を終了しました。



最近、撮影には出かけているものの、パソコンに向かうのが億劫になっています。
子供との取り合い(笑)や、暑さに負けたり・・・。

撮影記も更新が溜まってきてしまったので、簡易的にピックアップして紹介します。



▲2012.6.16撮影 2089レ

梅雨入りしてから本格的な降雨の日でした。
走行は諦めて鵜殿駅で入換えのようすを撮影しました。


▲2012.6.16

降りしきる雨の中、入換作業が行われます。
鵜殿駅の係員と貨物運転士が確認の合図を交わします。


▲2012.6.16撮影 2088レ

午後には雨が上がってきましたが、厳しい露出。
濡れた線路をDD51のヘッドライトが照らします。


▲2012.6.16撮影 3005D

2088レの撮影を終え、帰宅途中。
熊野川に霧が・・・。
ちょっと寄り道をして、南紀5号が鉄橋を渡るシーンを狙ってみました。




▲2012.6.17撮影 326D

明けて17日は、朝から紫陽花の撮影。
熊野川鉄橋の三重県側のところに、群生しています。

ちょうど旧国鉄ツートンカラーのキハが運用に入っており、狙ってみました。



無謀?にもカメラ2台体制で臨んでみました。

縦構図の方は手前の額紫陽花にピントを。もう1枚は紫色の花をメインに・・・。
普段は編成写真メインの撮り方なので、こうしたシーンは試行錯誤の連続です。





▲2012.6.23撮影 2089レ

6月23日は、熊野古道伊勢路号の運転があるということで、早朝に新宮を出発し、北上しました。
しかし、紀伊長島辺りに来ると曇天模様。

ここで北進を諦め、トンネル付近での撮影を楽しみました。
(結果的に、北の方はまずまずのお天気だったようです・・・)

紀勢貨物は紀伊長島〜三野瀬間にある古里トンネルの飛び出しシーン。


▲2012.6.23撮影 試9337D

この日はキヤ95の検測列車が走りました。
同じく古里トンネルにて。


▲2012.6.23撮影 326D

キヤの後は三野瀬駅近くの道瀬トンネルへ向かい、326Dを。
多気方の先頭は旧国鉄ツートンカラーのキハ48です。



トンネルから出てきた326D。


▲2012.6.23撮影 9341D(熊野古道伊勢路号)

再び古里トンネルに戻り、熊野古道伊勢路号を撮影。
この時は薄日が差しました。
熊野市方は伊勢のキハ403005、多気方にはキハ406309。
同じキハ40ですが、屋上機器が違うのが良く判ります。
 
美濃太田所属のキハ406309の方が、原型に近い感じです。


これらトンネル飛び出しのシーンは跨線橋からの撮影です。
跨線橋には、安全の為に金網が貼られていますが、愛用のPENTAX望遠レンズは口径が小さく、
金網の映り込みが最小限に押さえられます。
(※金網には細工などしておりませんので、念の為!)


▲2012.6.23撮影 9342D(熊野古道伊勢路号)

トンネル三昧?の撮影後は波田須へ。

あいにくの天候でしたが、遠方からの撮影者の姿が結構見られました。

定番撮影は海バックですが、曇り空の為に良い色が出ません。
歩きながら散策していると紫陽花があちらこちらに咲いています。

編成全体は入りませんが、旧国鉄色が見えます。
色とりどりの紫陽花がちょうど見頃を迎えていました。


▲2012.6.23撮影 2088レ

貨物通過時刻まで、粘って(居座って?)しまいました。




▲2012.6.29撮影 2089レ

6月29日の午前中は梅雨の中休み。
青空が広がりました。


▲2012.6.29撮影 2088レ

夕方は新鹿へ向かいましたが、あいにく雲が広がってきて予定変更。
23日に撮影した紫陽花ポイントへ。

しかし、ピークを過ぎたようで、彩りがやや鮮やかさを失いかけてきているような感じ。


▲2012.6.29撮影 331C

新鹿で交換したキハ40撮影時には、花の主役を交代してみました。


2012年 6月 2012年 5月 2012年 4月 2012年 3月 2012年 2月 2012年 1月
2011年12月 2011年11月 2011年10月 2011年 9月 2011年 8月 2011年 7月
2011年 6月 2011年 5月 2011年 4月 2011年 3月 2011年 2月 2011年 1月
2010年12月 2010年11月 2010年10月 2010年 9月 2010年 8月 2010年 7月
2010年 6月 2010年 5月 2010年 4月 2010年 3月 2010年 2月 2010年 1月
2009年12月 2009年11月 2009年10月 2009年 9月 2009年 8月 2009年 7月
2009年 6月 2009年 5月 2009年 4月 2009年 3月 2009年 2月 2009年 1月
2008年12月 2008年11月 2008年10月 2008年 9月 2008年 8月 2008年 7月
2008年 6月 2008年 5月 2008年 4月 2008年 3月 2008年 2月 2008年 1月
2007年12月 2007年11月 2007年10月 2007年 9月 2007年 8月 2007年 7月
2007年 6月 2007年 5月 2007年 4月 2007年 3月 2007年 2月 2007年 1月
2006年 8月 2006年 5月 2006年 4月 2006年 3月 2006年 2月 2006年 1月
Copyright (C)1998- 2012  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.