紀伊半島のバス|和歌山バス| HOME
 ■和歌山バス

和歌山バスは和歌山県内最大のバス事業者です。
1975年に南海電鉄から分離・独立し現在の和歌山バスとなりました。

和歌山市、海南市域に一般路線を有している他、関西国際空港へのリムジンバスを関西空港交通と共同運行。また首都圏への夜行高速バスの運行(成田空港交通との共同運行)も行なっています。

車両は、国産4メーカーの車両が揃うと共に、中型クラスのワンステップ車とノンステップ車による低床化が推進されています。
ワンステップ車から初期のノンステップバスには“ハートフルバス”の愛称のもと、黄色のボディにハートのマークをあしらった独自のカラーリングが採用されていましたが、ボディ更新を機に一般塗装が採用されています。

近年は大型車の置換えに元大阪市交通局の車両の導入が行われています。

▲QRG-MS96VP
 (夜行高速バス「サウスウェーブ」


■車両アルバム■

 
2015.4.15 路線 いすゞ車に3車両をUP
 一部ページは掲載予定車両のサムネイルのみ 


路線 日野大型車 
路線 日野 中・小型車 
路線 いすゞ車
路線 三菱ふそう車
路線 日産ディーゼル車 
高速、特定車
   



Copyright (C)  Hideaki Onaka  All Rights Reserved.